人生の多角化

パラレルキャリアを目指す、東証一部上場企業正社員の副業、節約、就職、転職(誰も話さない転職のリアル)ブログ。 コストパフォーマンスの向上を目指してfeat.スマホブロガー(全記事スマホで作成)ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

皆んなが気になる内定ミスマッチの時の対象方法ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

今回は、新卒で内定ミスマッチが発生した場合の対処法をお伝えします。

ミスマッチって会社にも働く方にもデメリットがあります。

働く方には、やはり、短期離職のレッテルが貼られますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

逆に、企業側では、育成コストや採用コストがまるまる損失になります!(◎_◎;)

ただ、企業側なら、ぶっちゃけ、働く人の代わりはいくらでもいると考え、仕組み化をする事ができます。

働く側は、なかなか厳しいヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

特に、新卒ではキャリアが何もないから、なかなか短期離職だと再就職が厳しい面があります。

ただ、私は、声を大にしていいます!(◎_◎;)

会社を変えましょう!

早い話が、転職って事!(╹◡╹)

転職には、タイミングがあります。

キャリアの可能性別に転職のタイミングについて言及します!

まず、1回目の転職のタイミングは、

社会人3年目です。

この1回目のタイミングであれば、

新卒で中小企業やブラック企業に入社して、

抜け出したい場合や大手企業に行きたい場合は、

限りなく実現可能性が高いです。

通称、第二新卒と呼ばれるタイミングです。

社会人としてのマナーが身に付いていて、

会社に染まりきっていないこのタイミングは、

非常にニーズがあります。

特に、業種や職種、あるいは、両方をチェンジするには、

最後のタイミングです。

最後のタイミングと言ったのは、比較的にまともな会社に勤める場合の

最後のタイミングという事です。

ここを逃すと、職種と業種をセットで変えるには、

資格職に行くしかありません。

しかも、基本は、公認会計士や弁護士や不動産鑑定士等の上位資格のみです。

もちろん、経験がある業種で職種を変える場合は、

32歳位までなら、大丈夫です。

よって、業種と職種をまとめて変える場合は、

この第二新卒でクリアして下さい。

次に、業種や職種を変えずに、会社の規模を上げる場合も、

この第二新卒のタイミングが一番楽です。

そこまで、実績は見られないこのタイミングが比較的楽に上げれます。

この第二新卒を過ぎると、業種と職種を変えずに、

会社の規模を上げる場合は、実績が必要になりまかます。

また、35歳付近になると、人脈が必要になります!

これは、本質です。

いずれにしても、第二新卒のタイミングが1回目の転職には最適なタイミングです!

ただし!この第二新卒は、社会人3年目が制限ではありません。

これ、あんまり知られてないけど、、、

会社によって、第二新卒の年齢が変わります。

特に、若手が少ない会社では、29歳までが第二新卒の扱いとかあります。

エージェントは、このことを言いたがりませんけどね。

私は言います!笑

よって、会社によっては、29歳までなら、

業種と職種のチェンジは可能です。

会社によってってのは、

ブラック企業ならとか、中小企業なやではなく、、、、

若手の構成比率次第って事!

ここ、知られてない。

いずれにしても、社会人3年目付近が一番枠が多いから、このタイミングを活かせって事です。

逆説的に言うと、新卒の就職は、能力の高さは余り要求されません。

背伸びして、行きたい企業に応募しまくろう!

チャレンジ、チャレンジ(╹◡╹)

ちゃんと就活しないとトンデモナイ事が起こりますヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

詳しくは、コチラをご参照下さい。

http://myself-mylife.hatenablog.com/entry/2017/05/13/%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AA%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%AE%EF%BC%9F%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BC%81%E6%A5%AD%E3%81%AE%E7%9C%9F%E9%AB%84