人生の多角化

パラレルキャリアを目指す、東証一部上場企業正社員の副業、節約、就職、転職(誰も話さない転職のリアル)ブログ。 コストパフォーマンスの向上を目指してfeat.スマホブロガー(全記事スマホで作成)ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

大学生必見!【就活の全体像】

大学生必見!【就活の全体像】

大学生4年生も3年生もご確認下さい(╹◡╹)

就活の全体像を本日は、お伝えします。

既に、水面下では内々定を出している企業は沢山あります!


まだ内々が無い人は、是非、ご参照下さい。(╹◡╹)


まだまだ、大手企業の内々定取れますよ(╹◡╹)

まず、リクナビマイナビに登録して、ビックサイトの合説に参加して、ってのが就活ではないぞ!と伝えたい。

始まりは、【インターン

この【インターン】は、従来1日セミナーや3日セミナーが主体で、10年ちょい前からワークスアプリケーションズが1ヶ月のインターンをスタートしたのが始まりです。それまでは、あくまでバイトの延長でした。

インターンを企業が導入する理由は、パフォーマンスの見える化と人材の定着率を高める為です。もっと昔は、内定者バイトとかもあって、そこでパフォーマンスを図って配属先の振り分けもありました。

現在は、このインターンが、就活のスタートに位置付けられます。インターンは、参加していた方が、面接やOB訪問では見えない組織の文化や風土が見えます。また、自分のスキルアップにも役立ちます。是非、参加して下さい。

インターンは、大学1年〜3年を対象にしている事が多いですヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

次に、就活解禁の4月より前の10月から年明けにかけて、水面下では、座談会等の名目で選考はスタートします。リクルーター面接も同様です。

特に、どこかのHPかブログでリクルーター面接は、金融機関がメインとか書いてましたが、NTT系列もリクルーター面接は普通にあります。私も学生時代は、NTT東西のリクルーター面接を受けました。リクルーター面接の対策をした事がなく、ビジネスカジュアルで参加したら、次回呼ばれなかった。笑

リクルーター面接は、多くの企業で導入しています。騙されないようにね。

次に、リクナビマイナビの合説がスタートします。このタイミングでリクナビマイナビのサイトに登録して、沢山ブックマークすると思います。

ここから、企業別の説明会がスタートして、企業研究を深めていく時期にはいります。SPIがスタートすると同時にOB訪問を開始するタイミングです。

もちろん、大学4年の先輩に面接内容のリサーチをかけたりする時期でもあります。

OB訪問の段階では、志望理由と自己PRを固めて、フィードバックを得る最適な機会です。また、最終面接や3次面接で質問する内容の確認も行います。

この下準備が、最終面接や3次面接に活きてきます。
そして、企業別にG•D、集合面接、個別面接、三次面接、最終面接と進んでいきます。


あくまで、面接回数は企業により異なります。目安です。


最終面接後は、3日くらいで連絡がこないと補欠の可能性があります。まあ、補欠でも内定が出ればOKですけどね。


内定が出たら、1週間以内に承諾の連絡という流れです。


ここからがポイント(╹◡╹)


内々定は、かなり一部の学生に集まります。

って事は、採用枠が埋まらないって事(╹◡╹)


二次募集、三次募集、恐らく10月位まで続きます!


諦めるのはまだまだ早い(╹◡╹)


内々定無くても、またまだチャンスありますよ!


就活頑張りましょう(╹◡╹)


就活頑張らなかったら、こんな酷い企業に当たるかも、、、、、、、


http://myself-mylife.hatenablog.com/entry/2017/05/01/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E8%89%B2%E3%80%85%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%84%E4%BA%8B%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%91%E3%81%A9%E3%80%81%E4%BF%BA


以上が、就活の全体像です。


就活生は参考にしてね(╹◡╹)