人生の多角化

パラレルキャリアを目指す、東証一部上場企業正社員の副業、節約、就職、転職(誰も話さない転職のリアル)ブログ。 コストパフォーマンスの向上を目指してfeat.スマホブロガー(全記事スマホで作成)ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

5月 GW!キャリアについて色々伝えたい事あるけど、俺の遺言を聞いてくれ!新社会人や社会人3年目位の会社員必見!転職のタイミングとキャリアの上げ方!

キャリアについて、最初で最後のメッセージを送ります!





まさに!遺言!笑



GWのこのタイミングで!





転職のタイミングとキャリアの高め方を題材にしようと思います。




まず、新卒の人は、コレ前提。

必ず、参照して下さい。


http://myself-mylife.hatenablog.com/entry/2017/04/23/%E6%96%B0%E5%8D%92%E3%81%AF%E3%80%81%E6%9C%80%E4%BD%8E2%E5%B9%B4%E9%96%93%E3%81%AF%E5%83%8D%E3%81%84%E3%81%9F%E6%96%B9%E3%81%8C%E8%89%AF%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F%E4%B8%80%E3%81%A4




その上で、転職のタイミングとキャリアの高め方についてお伝えします。






まず、1回目の転職のタイミングは、

社会人3年目です。






この1回目のタイミングであれば、

新卒で中小企業やブラック企業に入社して、

抜け出したい場合や大手企業に行きたい場合は、

限りなく実現可能性が高いです。






通称、第二新卒と呼ばれるタイミングです。







社会人としてのマナーが身に付いていて、

会社に染まりきっていないこのタイミングは、

非常にニーズがあります。







特に、業種や職種、あるいは、両方をチェンジするには、

最後のタイミングです。






最後のタイミングと言ったのは、比較的にまともな会社に勤める場合の

最後のタイミングという事です。





ここを逃すと、職種と業種をセットで変えるには、

資格職に行くしかありません。

もちろん、経験がある業種で職種を変える場合は、

32歳位までなら、大丈夫です。





よって、業種と職種をまとめて変える場合は、

この第二新卒でクリアして下さい(╹◡╹)





次に、業種や職種を変えずに、会社の規模を上げる場合も、

この第二新卒のタイミングが一番楽です。





そこまで、実績は見られないこのタイミングが比較的楽に上げれます。






この第二新卒を過ぎると、業種と職種を変えずに、

会社の規模を上げる場合は、実績が必要になりまかます。




また、35歳付近になると、人脈が必要になります!





これは、本質です。





いずれにしても、第二新卒のタイミングが1回目の転職には最適なタイミングです!





ただし!この第二新卒は、社会人3年目が制限ではありませんわ、





これ、あんまり知られてないけど、、、






会社によって、第二新卒の年齢が変わります。






特に、若手が少ない会社では、29歳までが第二新卒の扱いとかあります。








エージェントは、このことを言いたがりませんけどね。






私は言います!笑







よって、会社によっては、29歳までなら、

業種と職種のチェンジは可能です(╹◡╹)







会社によってってのは、

ブラック企業ならとか、中小企業なやではなく、、、、





若手の構成比率次第って事!





特に、一次的に若手の退職者が出ている企業は、かなり採用の可能性が高まります!

ただし、毎年大量採用大量離職の企業への転職はオススメしませんヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3




ただ、この若手社員構成比率の話は、知られてない。






いずれにしても、社会人3年目付近が一番枠が多いから、このタイミングを活かせって事!

ブラック企業からの脱出もホワイト企業への転職も大手企業への転職も出来ます!







これが、私からの遺言です!



現在、読者募集中です。気に入って下さった方は、下をクリックして下さい(╹◡╹)
モチベーションが高まります!!
宜しくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://blog.hatena.ne.jp/myselfmylife/myself-mylife.hatenablog.com/subscribe/iframe


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑